サイトメニュー

療養中の収入を確保

ハートと聴診器

安心感を得ることは治療にプラスになる

うつ病の治療が長期化する中で、休職して治療に専念したいと考えていても、貯金が減り、経済的に困窮してくると焦りがでてきます。少し無理をしてでも働きにいかなくては、早く回復しなければという気持ちが余計に回復を遅らせることになります。もともと、うつ病は波のある病気です。もう仕事に復帰できそうという段階にきても、初診時と同じあるいはそれよりもひどい状態に陥ることもあります。そのため、公的支援に目を向けてみることも大事です。この時、生活保護は、最後のセーフティーネットと考えておきます。まず、初診日から6か月経過すると、精神障害福祉手帳の申請ができます。また、会社勤めをしていた人であれば、病気で仕事を休んだ4日目以降から傷病手当金の支給も可能です。ただし、傷病手当金は、初診日から1年6か月までの支給となっています。ですから、ここでまたその先の生活について不安を抱えてしまう人も多くなります。ここまで治療が長引いた時に検討したい公的制度が、障害年金です。障害年金であれば、障害状態にあると認定される限り、一生涯受給することができます。病状が回復しなければ、こうした方法で収入を確保するやり方もあります。そんな制度があると知るだけでも、随分と安心感を得られる患者は多いです。それが治療にも良い形であらわれることもあるので、使える制度は大いに活用していきましょう。障害年金は、会社経由ではなく、自らが申請するか社労士など専門科の手をかりて代理申請してもらうことになります。自分の状況やどれぐらい要件に該当しているのかを考えて、どちらがいいのかを検討していくことが大事です。
うつ病になったことで、経済的に周囲に迷惑をかけていると考えてしまっているのなら、障害年金が受給できないか確認することが大事です。うつ病にかかると思考力が鈍り、判断力にかけるといわれます。間違っても、迷惑をかけるからと焦って退職や離婚、不動産などの売却などをしないようにしなければなりません。障害年金は、まず国民年金か厚生年金に加入していて、保険料をきっちり納めているかどうかが一つのカギです。また、うつ病で初めて医師にかかった時から、治療のために継続して1年6か月通院をしているかどうかもポイントになります。これは、障害年金の受給申請は、初診日から1年6か月経過した後に行えるからです。初診日から、医師と共に1年6か月治療を続けてきたけれど、生活状況に支障がでている、仕事に復帰することができない状態にある時に、障害者であることが認められます。そのため、初診日を特定することも求められます。そして、どれぐらい支障が出ているかにより、等級が決定する仕組みです。うつ病の場合、治療費などの面から、精神障害者手帳を先に取得している人もいるかもしれません。しかし、手帳を持っていれば、障害年金の受給資格が得られる、あるいは、等級もそのまま反映されるということはありません。この二つの制度は別物になりますので注意が必要です。初診日がはっきりしていて、保険料もきちんと納めているのであれば、あとは医師による障害の程度の判定が必要になりますので、主治医にまずは相談するようにします。近年は、精神障害に対する障害等級の判定が厳しくなってきているともいわれますので、不安な時は間に社労士に入ってもらうことも検討してみましょう。