サイトメニュー

療養中の収入を確保

ハートと聴診器 うつ病治療が長引くと、経済的な理由で迷惑をかけているのではと、自分で自分を追い詰めてしまいがちです。その不安が少しでも解消する方法として障害年金があります。うつ病でも、受給権を得られる人は多くいますので、制度を知り検討することが大事です。

詳しく見る

心の病に使える支援制度

医者と看護師 ストレスなどによってうつ病になった時は障害年金を得られますが、安定した収入を得られるのでメリットがあります。障害年金の注意点として存在しているのは、他の年金制度の支払いが免除されて将来得られる資金が減らされる問題です。

詳しく見る

診断書に基づく認定

悩む男性 障害年金を、申請できると知らずにいるうつ病患者も多くいます。要件を満たせば受給可能で、障害年金は遡って申請することも可能です。請求や等級認定においては、うつ病の場合、医師の診断書の内容が特に重要になるためポイントをおさえておくことが大事です。

詳しく見る

認定の級で金額が決まる

診察

診断書の提出が必要

多忙な生活を送る現代社会において、心の病気であるうつ病にかかる人の数は増える傾向にあり、障害年金を受け取る病気の1つとしても認定されています。障害の基準としては1級から3級まで病気の度合いによって定められており、2級以上に認定されると障害年金を受給することが可能です。基本的には、1級に認定される場合は日常生活を自力で送るのが難しいと判断されるため、家族との同居や病院などの施設で暮らしている場合に認められます。自分1人で生活できる状態であるが、うつ病が原因で働くことが出来ないという場合は2級が認定されることが多いので覚えておくと良いでしょう。普段の生活の状態で1級であるか、2級であるかは判断出来るように思われがちですが、医師にきちんと相談をして診断書を書いてもらう必要があります。医師による診断書の内容に加えて、生活の状態や通院歴などを細かく伝えなくてはいけないため、自分や家族も申請書を制作することになります。仕事をしている場合であっても、病気の症状によっては受給対象となる場合もありますが仕事をしていない人よりもさらに状況を細かく説明することが重要になるでしょう。また、病気の状態が重く感じられる場合であっても、障害年金が受給出来るのは初診から1年半たってから出ないと申請することは出来ません。治療期間を経たけれど病気が良くならなかったという状態になってから、受給を申請することが出来ます。先にうつ病との関連性の高い病気であると診断されている場合には、その病気の初診から1年半で障害年金の申請が出来る場合もあります。
うつ病を理由に障害年金を受け取るための条件としては、病気の状態を詳しく記した診断書と生活が困難であることを申請書に記入して申し込まなくてはいけません。病気の診断が1級か2級の基準に達していれば障害年金は受給できますが、保険料の未納期間がある場合には申請が通らないこともあります。また、年齢にも制限があり20歳未満の若者と65歳以上になってからうつ病になったと診断される高齢者は、受給出来ないとされています。他には診断書の内容が症状が軽いとされるものであった場合には、日常生活を送れる能力があるとされて、受給出来ないケースもあるので医師に状態を細かく伝えるのが重要です。初診の日が分からないと受給出来ないケースも多く、初診のカルテを見つけることが肝心となります。カルテの保存期間はおよそ5年になりますが、通院歴が長い方や病院をいくつか転々としている場合は初診の日が分かりにくくなる傾向にあるので注意が必要です。引越しなどで病院や主治医を変更している場合であっても、紹介状などの資料から初診の日が判明することもあります。初診の日を記入出来ずに通院歴が長いにも関わらず受給に至らないケースも多く、自分で日付をメモしたり初診の資料となりそうなものを保存すると安心です。病状に波があり、うつの症状がひどい時期と緩和されて日常生活が送れる時期が繰り返す場合にも、受給が出来ないことがあります。受給の条件としては継続して日常生活に支障が出ることなので、症状が軽い期間があると審査に通りにくくなります。